top of page
検索

ウチワウケに挑戦してみたい

□□□□□□□□


舞台『りんご姫』

うちわウケはダメなことなのか?


□□□□□□□□□


父親からは大事なことをたくさん教わりました。その中でも大切なのは、やりたくないことをやって失敗することがある、それなら一か八かで好きなことをする方がましだ、ということです

ジム・キャリー


□□□□□□□□□



昨日、一昨日と二日間に渡って

舞台りんご姫の演出をお願いしている

劇団鮫軟骨の骨くんと打ち合わせをした


その中で本当に面白いものってどこにあるのか?

という僕の思うところを話した。


思い返してみると

人生で一番笑ったのって

本当に息ができないほど死ぬほど笑ったのって

お友達と数人で話した時じゃないですか?


つまりウチワの空間じゃないですか?


なんかその時のノリとか

仲間の誰かのドジとか


そんなことで息が苦しいほど笑ったんじゃないですか?


みなさんはどうですか?


もちろん、アメトークでも笑うし

ゴッドタンでも笑うし

M-1の決勝でも笑う


でも

やはり

ウチワで笑った最高の瞬間には勝てないんじゃないですか?


どうでしょうか?


そこで僕は

今度の舞台から始まるチームについてくれるファンに

とんでもないウチワ受けを半計画的にプレゼントする方法はないかを考えはじめています。


ただし当たり前ですが

ウチワウケにはその物凄いパワーと

表裏一体で、とてつもない弱点があります。


それが、初めての人が

とんでもないパワーで置いてけぼりを食い

面白いどころか、とてもつもない孤独と苦しみを味わうかもしれないということです。


つまりウチワウケ的な面白さを作りながら

新しい人もめちゃくちゃおもしろくて

どんどん入りやすい環境を作ることができれば

最強なんです。


面白い。


そして

これは非常に難しい。



長くファンをしている人だからこそ

面白く感じ

でも、その面白さは、今日初めて参加する人も

面白いと感じる。

間違っても、孤独を感じない。

置いてけぼりを感じない。


そんなことができるのか?


今はノープランです。


計画的にできるのかどうかも分からないです


でもきっとできると思っています。


古株が偉そうにしないファンコミュニティの創造。

今日入った人もずっと来続けている人も

どっちもそれぞれだから楽しめるエンタメ。

フラットなコミュニティ



それを実現したいので

もっと頭を使おうと思います。



考えろ

考えろ!


ヒントは

映画

新ウルトラマン

シンゴジラ

新仮面ライダー

スラムダンク

昭和、平成、令和のヒットソングを織り交ぜる音楽番組、


これらにあるのかも


世代が複数喜べる仕組み

コアファンも

今日始めてみるひとも

楽しめる舞台


おそらく多くのクリエーターは

自然体で実現しようと努力はしているのであろう

その課題を

僕自身も深めてみたいと思っている


何かヒントがあったら教えて欲しい


ジム・キャリーはいいます。


「父親からは大事なことをたくさん教わりました。その中でも大切なのは、やりたくないことをやって失敗することがある、それなら一か八かで好きなことをする方がましだ、ということです」

さあ、面白いと思うことで

これからもめっちゃ失敗していきたい。


ウチワ受けと一般ウケとの共存という最強の課題に挑戦するぞ


骨くんや僕、アラフィフの逆襲を見せようと思います。


おじさんも挑戦しますよ


もし、舞台がヒットしなかったら

全て僕の責任です。


なぜなら骨くんには間違いなく

溢れる才能があるからです。


世界を凹ませてみせる


そういう思いで


舞台「りんご姫」はスタートを切ります




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page