検索
  • NAOYUKI FUJITA

幸せとは



一昨日、右肩に激痛が走ったんだ。

めっちゃ苦しかった。


あまりにも痛くて、右手と肩がもげちゃえばいいのにって思ったほど。

今、僕、人生の勝負所、609人の1stサポーター(何者でもない僕の本を購入してくれた人)の皆さんの期待に答えたくて、命を削って仕事をしているんだ。

まじ、本気でやっている。

だから、1日だって今は休みたくない。

でも、あまりにも肩が苦しくてね、最初は、激痛の中、左手一本で、仕事してたんだけど、

ちょっと気が遠のくほど痛くてね、仕方なく、日曜日に、病院に行ったんだ。

半日だけ休もうって思って・・・。

これで治らなかったら、気絶してでも仕事進めようって思ってた。


ベッドから立ち上がるのに、なん十分もかかる。

病院に行くまでに激痛、座ると2度と立てないほど辛いから立ったまま順番待ち。

レントゲン撮って、診察、

注射を2本打ってもらった・・・


家でとにかくベッドに倒れて寝た、7時間くらい寝た、久しぶりにゆっくり寝た

23時くらいに目が覚めた

真っ暗な部屋・・・


肩は???


痛くない


鈍痛はあるが、激痛ではない


その時の僕の気持ち。


幸せ・・・・


ほんと幸せだった


嬉しい


嬉しいです。


その時、真っ暗な部屋で考えた


あの激痛があったから

今僕は幸せだ


もしかしたら


幸せと不幸はセットなのかな・・・


不幸があるから



幸せを認識できる


だとするなら

不幸は幸せの一部なのかもしれない


そんなことを考えた


まだちょっ


と鈍痛するけど

僕は1stサポーターの人に絶対に後悔はさせない

なってよかったって思ってもらえるようにしたい


さあ、今日も頑張るぞ


挑戦すると

うまくいかないことばかり

肩に激痛まできた


だから



面白い


うまくいかないことばかりの

この挑戦というゲ


ームは面白すぎる


どんな結果になろうと

絶対後悔しない全力の勝負をしようと思う


それが



この


50を超えた何者でもない男を応援してくれた

609名のみんなに応える唯一の方法だから


さて面白くなってきましたよん





98回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示